骨盤内腹膜炎(PID)

骨盤内腹膜炎の症状

発熱を伴う下腹部の強い痛みが主となります。

おりものや不正出血などの特異的な変化を伴うことはあまりありませんが、原因菌により膣炎を伴っていたりホルモンバランスを崩していたりする場合にはこのような症状が見られることもあります。

骨盤内腹膜炎とは?

女性性器すなわち子宮・卵管・卵巣、あるいはその周囲にある組織(腹膜や結合組織)に起こる感染症を総称して骨盤内感染症(PID)と呼びます。

この中で、腹痛や発熱などの炎症症状が激烈で腹膜炎を併発していると考えられる場合、その炎症の範囲は大抵骨盤内に限局したものであることから骨盤内腹膜炎と呼称されています。

通常、入院治療を必要とすることが多く、通院治療(=内服のみで治療)ではなかなか症状が軽快しないことが多いようです。

また、治療により症状が軽快してもその後に骨盤内に膿瘍を形成すること(膿みがたまること)も少なくはなく、そのため最終的に開腹手術を行うことになるケースもままあります。

骨盤内腹膜炎の原因

原因菌としては、ずっと以前は結核菌や淋菌によるものが多かったのに対し、近年では大腸菌類が最も多くなっていますが、特に最近はクラミジア感染が増加しているのに伴ってこれによるものが急増していること、また淋病によるものも微増傾向にあることも特筆すべき点でしょう。

骨盤内腹膜炎の治療

入院した上で、抗生物質による薬物療法を行いますが、膿瘍については切開排膿による手術療法が必要。完全治癒までには、比較的長期間かかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る