膣前庭乳頭症(ちつぜんていにゅうとうしょう)

膣前庭乳頭症の症状

膣口周囲から小陰唇内側にかけて左右対称に直径1mm前後のツブツブ状のものが出来る

痛みやかゆみを伴うことがある

生理周期によってツブツブ状のものの大きさや数に変化がみられる

膣前庭乳頭症とは?

男性の真珠様陰茎小丘疹に相当する生理的現象です。

性感染症・STDの尖圭コンジロームと似ているため誤診されて必要のない治療が実施されるケースもあるようです。

生理現象ですので治療の必要はありません。

膣前庭乳頭症と尖形コンジロームのみわけ方

尖形コンジロームに誤診されるケースもあるというので、下記に膣前庭乳頭症と尖形コンジロームの特徴を表にしました。

発生状態や色などを把握しておけば、誤診されるケースも少なくなると思いますので、ぜひ参考にして下さいね。

hyou

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る