習慣流産

習慣流産の症状

妊娠しても、続けて3回以上流産を繰り返すこと

習慣流産とは? 

流産は妊娠の約15%に起こると考えられています。

妊娠しても、続けて3回以上流産を繰り返すことを習慣流産といい、2回繰り返した場合は反復流産といいます。

流産を2回経験した人が3回目に流産する確率は20~30%、3回以上経験した人が次に流産する確率は50%と、繰り返すたび確率は上がってしまうようです。

習慣流産の原因と治療

習慣流産は男性にも女性にも原因が考えられます。

男性側の原因としては染色体異常、女性側の原因としては染色体異常の他、子宮異常や甲状腺ホルモン異常、糖尿病、感染症、高プロラクチン血症、膠原病などといった原因によるものです。

習慣流産の検査は血液検査を行い、原因をつきとめるというのもありますが標準的検査・治療方針が確立していないのが現状のようです。

よって治療法もその習慣流産する原因によって異なります。

ただ、習慣流産の原因がわからないことも多いため、治療が難航する場合もあります。

あるクリニックの症例では150の反復流産・習慣流産の症例のうち80以上がはっきり原因がわからなかったという例もあります。

赤ちゃんがほしいご夫婦にとっては深刻な病気ですので、早く標準的検査・治療方針が確立されることをのぞみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る