淋病

淋病の症状

症状としては、感染(性行為)後、7日以内に尿道から黄色のウミがでて、女性は黄色のおりものがでます。

おしっこをするときに痛みを伴ったり、尿の出口が赤くなったりします。

女性の場合は、初期症状は、感染後数日で尿道炎または子宮頚管炎を起こしますが、男性より症状は軽いので気付かないことも多いのが現状です。

淋病とは?

淋病はNeisseria gonorrhoeae(淋菌)を病原菌とする性感染症で尿道からでた膿のなかの白血球内にみられます。

感染は患者粘膜からの浸出物により起こり、感染は殆どが性交により起こります。

肛門、直腸にはアナルセックスにより、口腔、咽頭にはオーラルセックスにより感染しますが、菌の抵抗性は極めて弱いので、便座、タオル、コップなどの接触で感染することは殆ど無いと言われています。

膀胱炎を起こしてしまうと、頻尿、排尿痛、残尿感などの症状が出てきます。

更に病気が進行すると、子宮内膜炎、卵管炎、子宮周囲炎、骨盤腹膜炎を起こし、腹痛、発熱も伴う事が多く、不妊症の原因と為る事も有り、子宮外妊娠の原因となることもあります。

産婦が感染していると、こどもに結膜炎(淋菌性)をおこします。

淋病の治療

殆どの抗生剤が有効ですが、耐性を持った菌の場合は感受性の検査を要する事もあります。

適切な抗生剤を使用した場合には、数日で感染性は無くなり、治癒しますが、治療せずに放置した場合には、2~3ヶ月で症状は無くなっても他人に感染させることがあります。

ただし、セックスパートナーも完全に治さないとまた感染することになってしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る