毛ジラミ症(毛じらみ症)

毛ジラミ症の症状

毛の生え際に寄生する毛じらみが、吸血することによって、激しいかゆみが生じます。

それにより下着に血の点が付着します。

毛ジラミ症とは?

ケジラミ(pediculosis pubis)は、 ヒトシラミ科に属し、体長1-2mmで、3本足を持ち、カニに似ており、色調は灰白色、灰白黄色ないし褐色で、成虫は肉眼で確認できます。

成虫の平均寿命は22~28日です。アポクリン汗腺を好み、陰毛部で生活します。

毛じらみは1日数回吸血し、1日に2~3個の卵を産みます。

虫卵は陰毛に産み付け白い点状の粒として観察されます。成虫は、24時間血を吸えなければ死んでしまいます。ただし卵は10日間生き続けます。

おもにセックスにより直接接触して感染します。陰毛同士の接触でうつるため、コンドームでは防げないのです。

しかし毛ジラミは陰毛につくだけではなく、まつげや腋毛につく例もあるそうです。

また、毛ジラミの棲息可能な温度は、想像以上に高く、温水プールやサウナ、浴場なども感染ルートとなる可能性があるということなので、要注意です。

また衣類や寝具の共用によっても感染する可能性もあるといわれています。

毛ジラミ症の診断

肉眼やルーペなどの拡大鏡で成虫や卵を観察することにより診断できます。

婦人科、泌尿器科や皮膚科に行けば、診断は簡単ですが、自分でもかゆみがあり、下着に赤い点がつけば、丹念に陰毛を観察して、白い卵や褐色の成虫が見えれば診断は可能です。

特に1-2mmの成虫は、取り出して白い紙の上におけば動いたりするので簡単に診断できます。

毛ジラミ症の治療

病院へ行かなくても、 薬局で毛ジラミ用の薬を買い治療することができます。

できれば陰毛を全部剃る方がより早くまた完全に治すことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る