更年期障害

更年期障害の症状

・のぼせや熱感、冷え、動悸。
・頭痛、めまい、耳鳴り、不眠、憂うつ感、イライラ。
・手足のしびれ、知覚過敏、むずむずと虫が走るような感じ、かゆみ。肩こり、腰痛、関節痛、筋肉痛。
・発汗、口が渇く、唾液がたくさん出る、皮フが乾く。
・食欲不振、便秘、下痢、吐き気、腹部膨満感。
・頻尿、残尿感、血尿など。

更年期障害とは?

女性の閉経をはさんだ前後10年間を更年期と呼びます。
45歳から55歳くらいが女性の更年期となることが多いようです。

更年期には上記のようにさまざまな体の変化と自覚症状が起こりますが、症状がとても強く、日常生活に支障をきたすほどとなり、治療が必要になった場合を更年期障害と呼びます。

更年期の体の変化に大きな影響を与えているのは、老化による卵巣機能の低下によって起こるホルモンの変化です。

これが結果的に、体温や呼吸、血圧の働きなどを調整し、喜怒哀楽などの感情の動きをつかさどる脳の視床下部に影響を与え、さまざまな症状を引き起こします。

更年期障害の治療法

ホルモン補充療法と漢方薬による治療を選択

近年、注目を集めているのが「ホルモン補充療法(HRT)」で、ほてりや発汗、不眠、イライラ、腟の萎縮などの症状や、骨粗鬆症、動脈硬化など、生活習慣病の予防に大きな効果があります。

この治療法はホルモンの急激な下降がなだらかに行われるように、飲み薬や貼り薬で少量のホルモンを補い、体が無理なくホルモンの減少についていけるようにするのが目的。

20年以上前には、エストロゲン(卵胞ホルモン)だけを投与していたため、子宮体がんを発生・進行させる副作用が問題とされました。現在はプロゲスチン(黄体ホルモン)を一緒に用いることで、問題は解決できました。更年期障害の治療目的では健康保険が適用されます。

一方、漢方療法は全身の状態を整えて、体の変調に対する調整力を高める働きなどによって、冷えや頭痛、肩こり、めまいなどの症状に効果を発揮します。ホルモン補充療法より気楽に使えるのがメリット。市販の漢方薬は効き目が穏やかで、副作用が出にくいのが特徴です。
薬局の薬剤師に相談して選ぶこともできます。

軽症の場合やホルモン療法に不安を持つ人は最初、症状に合わせて向精神剤(抗不安剤・抗うつ薬など)や自律神経調整剤、ビタミンE剤などを処方し、様子を見ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る