排卵期出血

排卵期出血の症状

月経がある女性が、月経以外の時の出血することがあります。

それが排卵期にあたっていると排卵期出血とも考えられます。

長くても2-3日以内で終わることが多く、月経の時ほどは多くないのですが、量はその周期により、また個人により違います。

排卵期出血とは?

排卵する時期は、その女性の月経周期によって異なります。大体次の月経の14±2日前に排卵が起こるとされています。

卵巣では、排卵する時期に、卵が大きくなり、卵胞ホルモンの分泌が盛んになるのです。しかもその時期には卵胞ホルモンが急激な変動をしているのです。このホルモンの急な変動の時期、とくに卵胞ホルモンが急に減少する時に子宮から出血が起こることがあるのです。

排卵期出血が重症なら

排卵期の出血は少量で、すぐに止まることが多いのですが、量が多かったり、数日続いたりすることもあります。あまりに長い、量が月経くらいあるなど、異常と思われたら婦人科を受診しましょう。

またたまたま排卵期に一致して出血があっただけで、ほかの原因で出血していることもありますので、念のために婦人科を受診して子宮ガン検診も受けておきましょう。

排卵期かどうかは、基礎体温をとってみればよく分かります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る