性交後出血

性交後出血の原因

性交渉時、あるいは性交後に不正出血に気づくことがあるかと思います。
この場合、性交時出血なのか性交後出血なのかは分かりませんが、大差ありません。

性交後出血が起こる原因として考えられる病気

1.膣炎
2.びらん
3.子宮頸官ポリープ
4.子宮頸がん
5.排卵期出血
6.月経開始
7.傷
8.ヘルペス
9.クラミジア
10. 子宮体がん
11. 膣がん
12. 子宮筋腫など

性交に慣れていない方や閉経後の方の場合、陰茎挿入時に腟の入口が切れて出血することがあります。少し切れているくらいなら自然に止まります。

また膣の奥の方に傷ができて縫わないと止まらないこともあります。

閉経後の方は、女性ホルモンの作用が無くなって、膣壁が薄くなり、性交の刺激で出血する場合もあります。

性交後出血の原因となるもので最も怖いのは、子宮頚がん、子宮体がん、膣がんなどのがんです。婦人科で子宮がん検診を受けましょう。

性交後出血で一番多い原因は、子宮の入り口にびらんがあり、膣の炎症が重なり、びらんや膣壁が充血していて、摩擦・刺激が加わって出血する場合です。

本人には原因が分からない場合がほとんどなので、婦人科で診てもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る