尖形コンジローム

尖形コンジロームの症状

感染後,数週間から2~3か月を経て,大小陰唇・肛門周囲等の性器周辺部に先のとがったイボ状、乳頭状、鶏冠状の淡紅色または褐色調の隆起性腫瘤がたくさんできます。

自覚症状はほとんどありませんが、時にはかゆく感じたり、ひりひりした痛みを感じたり、性交時の疼痛などがあることもあります。

尖形コンジロームとは?

外陰皮膚の一部が増殖してできる腫瘤です。小さくて、先のとがったざらざらしたいぼ状のものです。

ほとんどがヒトパピローマウイルスの感染によりできる性感染症とひとつです。このウイルスに感染すれば、60%以上の高い確率で発症します。

免疫はできませんので、何度でも感染します。

尖形コンジローム自体は良性の腫瘍ですが,時に悪性腫瘍(ガン)に移行することもあります。

不特定多数の人と性交渉を持つ人は当然なりやすいです。

尖形コンジロームの治療

外科手術により切除したり,電気焼灼・レーザーメスによる蒸散法・液体窒素による凍結療法があります。再発することも多いので注意を要します。

またイボがなくなっても、ウイルスが皮膚内にいれば、他の人に感染させる危険があります。

また本人が治癒しても、パートナーがこのウイルスを保持しているかぎり再感染の可能性があるので、パートナーも必ず専門医を受診し、症状があれば治療をすることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る