子宮頸管ポリープ

子宮頚管ポリープの症状

痛みなどの症状はほとんどなく、おりものが多くなったり、性交時の接触や刺激,膣の炎症などでポリープから出血することがあります。

子宮頚管ポリープとは?

子宮は膣のすぐ上にありますが、子宮の入り口はその字のとおり子宮のうち膣に近い部分をいいます。

膣からみれば子宮の入り口ですが、子宮の中からみれば出口になります。

したがって正確には子宮の出入り口ということになります。

医学用語では、子宮頚部あるいは子宮頚管といいなかでも膣に面している部分を子宮膣部といいます。

この子宮頚管にある粘膜の一部が増殖して垂れ下がる良性の腫瘍がポリープなのです。

したがって子宮頚管ポリープには茎があり、血液が多いのでやや赤みがかかり、柔らかいのです。

ポリープは、一つだけできるのが普通で、大きさは、ほとんどのものが2~3mmから5mmですが、ときには1cm程度になるものもあります。大きくなるに従って薄くなります。

子宮頚管ポリープの治療

子宮頚管ポリープはもともと良性ですが、ごくまれに悪性のことがありますから、基本的には発見されれば切除し、病理組織検査で良性かどうかをたしかめることが必要になります。

処置は簡単で、たいていの場合が外来で鉗子を使ってポリープを根本からねじりとればいいのです。

入院の必要はなく、すぐに普通の生活に戻れます。ただしポリープが非常に大きくなった場合などには、入院が必要になることもあります。

子宮頚がんが、時にポリープ状になっていることがあります。細胞検査や摘除して組織検査をしないと判別がつかないこともあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る