子宮頚管炎

子宮頚管炎の症状

・頚管内部の腫れ
・おりものに膿、白いおりもの

子宮頚管炎とは?

子宮頚管炎は、子宮頚管内に細菌が入り炎症を起すものです。

子宮頚管炎の原因

球菌、大腸菌、淋菌、クラミジア、連鎖球菌等。

子宮頚管炎の治療

膣内洗浄後、抗生物質、消炎薬で治療します。患部のレーザー焼灼、冷凍手術の場合もあります。

慢性化しないよう、早期の治療を要します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る