子宮腺筋症

子宮腺筋症の症状

強い月経痛や月経過多

重い下腹部痛、月経時以外の腰痛、性交痛、排便痛

病気が進行すれば強い月経痛や貧血のため日常生活に支障をきたしたり、不妊症の原因にもなります。

子宮腺筋症とは?

子宮腺筋症というのは、子宮内膜症によって起こる疾患です。

子宮内膜症というのは、本来子宮の内側を覆っている子宮内膜が、本来の場所以外に生育してくることにより起こる疾患ですが、このうち、内膜の生育が子宮筋層に限局したものを、子宮腺筋症と呼びます。

月経では子宮内膜が血をともなってはがれ落ちますが、子宮筋層にもぐり込んでいる子宮内膜(子宮腺筋症病巣)からも月経時に出血がおこります。

月経時に子宮筋層の中に出血するため、子宮の筋肉がひきのばされたような状態になり、非常に強い痛みがおこるのです。

また、出血したところが治っていく過程で、瘢痕という硬い組織ができます。そのため、子宮のサイズが次第に大きくなっていきます。

このため子宮筋腫との鑑別が難しくなります。

子宮腺筋症と子宮筋腫は、症状も他覚的所見も非常に似通っていて、さらにこの両者は良く合併することが知られているため、明確に区別されていない場合があります。

30歳代以上の妊娠経験のない女性やといった人に多く見られます。

子宮腺筋症の原因

卵胞ホルモンの過剰分泌ではないかと考えられていますが、現在のところまだ確定的なことは分かっていません。

子宮腺筋症の治療

ホルモン療法や手術療法がとられます。
手術になると単純子宮全摘出術や卵巣摘出術になる場合もあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る