子宮肉腫

子宮肉腫の症状

特徴的な症状はありませんが、生理以外や閉経してからの性器出血がみられることがあります。

その他、腹痛、下腹部の違和感を感じることもあります。

子宮肉腫とは?

子宮は、膣に近い子宮頸部(けいぶ)、その奥の子宮体部に分かれます。そして子宮体部にできる悪性腫瘍には、がんの他に肉腫があります。

また、子宮体部にできる良性腫瘍には子宮筋腫があります。

子宮筋腫は良性であるので命を落とす危険はないのですが、子宮肉腫と区別しにくく、子宮筋腫と思っていたら子宮肉腫であった場合もあるので油断できないのです。

さて、子宮肉腫は婦人科のがんの中でもまれな病気で、子宮体がんの2~5%です。

子宮肉腫は、子宮頸部より体部に多く発生し、その大部分は筋肉から発生します。

がんにかかりやすい人を「リスクの高い人」といいます。子宮体がんでは女性ホルモン値の高い人、肥満、高血圧、糖尿病などの病気を持った人がリスクの高い人ですが、子宮肉腫では、これらのホルモン状態、病気とはほとんど関係なく、はっきりとしたリスクはわかっていません。

ただ、過去に骨盤内に放射線を照射したことのある人に多く発生するといわれています。

子宮肉腫の治療

治療法には、外科療法、放射線療法、化学療法があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る