子宮外妊娠

子宮外妊娠の症状

無月経、不正性器出血(外出血)、下腹部痛など

子宮内でなければ順調に胎児が発育する場所がなく、その場所で流産になったり、卵管が破裂したりして、出血が腹腔内にたまってくるため、下腹部痛が起こります。

少量の性器出血が持続することが多く、腹腔内出血の量と速さにより、程度の異なる下腹部痛が起こります。

子宮外妊娠とは?

受精卵が、子宮内腔以外の場所に着床して発育することを子宮外妊娠と言います。

全妊娠に対して占める割合はおよそ1%前後であるといわれ、発生頻度としては流産の約10分の1に相当します。

初産比べて経産に多く(80%)、特に1回経産婦が最も多いことも特徴です。

ほとんどは卵管内に妊娠したものです。まれには卵管の付け根、子宮頸管、卵巣、腹膜表面に妊娠します。

子宮外妊娠の検査と診断

尿の妊娠反応が陽性にもかかわらず、超音波検査では子宮内に妊娠の部位が見つからない場合に、子宮外妊娠が疑われます。

正常妊娠のごく初期や、ごく初期の子宮内の流産も同じようにみえるので、慎重な判断が必要です。

症状がないことが多く、症状が軽いほど診断に時間を要します。腹腔鏡で確認する場合もあります。

子宮外妊娠の治療

腹腔鏡または開腹手術により、妊娠部位を見つけます。

卵管ごと切除する方法と、妊娠組織を除去して止血し、そのまま卵管を残す方法があります。

卵管を取れば、そちら側の卵管では妊娠できなくなります。残した卵管でも、再び子宮外妊娠が起こることがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る