子宮内膜症

子宮内膜症の症状

病巣の発生部位と進行度によって異なりますが、疼痛、不正出血、不妊が主症状です。
疼痛とは月経痛、下腹痛(慢性骨盤痛)、性交痛、腰痛、肛門痛、排便痛などです。

これらの疼痛は初期には月経時のみですが、進行すると月経とは関係なく認められ日常生活を著しく障害し、就労就学に破綻を来すことが多くなります。

ほっておくと不妊になったり、子宮や卵巣の摘出なんていう事態になってしまったりするので、早期発見、早期治療が肝心です・・・

子宮内膜症とは?

子宮内膜症という病気は、一言でいうと「子宮の内腔以外の場所にも子宮内膜が生育している病気」といえます。

子宮内膜は本来自分の身体の中(=子宮の内腔)に存在するものですが、あるべき場所ではないところにもそれが認められるような病気である、ということです。

病気の根本は、実は単純にそれだけのことなのです。

しかし、このことが原因となって身体に現れる症状は意外に多岐に渡るものであり、しかもその症状の中心にあるのは「痛み」である(生理痛、性交痛など)という点が最も問題になる点であるといえるでしょう。

また、子宮内膜症は不妊症の原因にもなりうるという点も、大きな問題点の一つです。

一番多いのは30代の女性ですが、20代くらいから注意が必要!
ナンと月経のある女性のうち10人に1人は子宮内膜症とも言われています。
婦人科の病気の中ではポピュラーな病気と言えるでしょう。

エストロゲン(女性ホルモン)依存性の病気なので、月経がある数が多ければ多いほど(つまり妊娠・出産が減り、初潮年齢が早くなるほど)発育してしまいます。
ですから、患者数も急増中&若年化中。なんと昭和40年代に比べると患者数は3倍にも増えているといわれています。

また、環境ホルモン(ダイオキシン)の影響もいわれています。(ダイオキシンは体のなかで女性ホルモンと似た働きをするので子宮内膜症が増える原因になるといわれているのです。)

子宮内膜症の予防

いちばん大切なことは、痛み止めをむやみに使わないということです。
痛み止めは交感神経を優位にして、血行障害を招きます。月経痛に効くからと、痛み止めに頼っていると、骨盤内の血流が悪くなり、子宮内膜症に移行するおそれがあります。この点に十分気をつけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る