子宮内膜がん

子宮内膜がんの症状

不正性器出血
性交後や生理でもないのにおりものに血液が混じる

子宮内膜がんとは?

子宮体がんは子宮内膜に発生する子宮内膜がんと子宮筋に発生する子宮肉腫の大きく2つに分類されます。

子宮体がんのうち95%以上が子宮内膜がんであるため、子宮体がんと言えば子宮内膜がんをさす場合がほとんどです。

発生率のピークは60~70歳ですが、5%弱では40歳以前に発生しています。

子宮体がん(子宮内膜がん)になる危険性は、エストロゲンの分泌が増加している女性ほど高いことがわかっており、肥満、高血圧などが子宮内膜がんに関連があることもわかっています。

この他にも未経産、不妊、糖尿病の女性も子宮体がん(子宮内膜がん)の危険因子となっています。

子宮内膜がんの診断

不正性器出血等の症状があってから子宮体がん(子宮内膜がん)と診断されても、その時点では約60%が早期であり、きちんと治療すれば約80%は治癒すると言われてます。

ですから、子宮体がん(子宮内膜がん)の診断で最も大切なのは「初期症状である不正性器出血を放置しないこと」ということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る