子宮下垂

子宮下垂の症状

・腟内に圧迫感や充満感がある
・下腹部が引きつったようになったり、疼痛がある
・腰痛
・腹圧性尿失禁など

子宮下垂とは?

子宮下垂は子宮の位置の異常のことで、子宮が下降して腟内にとどまっている状態を子宮下垂といい、腟から脱出してくる状態を子宮脱といいます。

子宮下垂は、子供をたくさん産んだ人、出産の後あまり休養を取らないで肉体労働をした人などに起こりやすい病気とも言われています。

子宮下垂の検査と診断

視診や内診によって、簡単に診断できます。

さらに腹圧を加えることにより、子宮下垂と子宮脱の程度は増悪(ぞうあく)するので明確に診断できます。

子宮腟部が左右の坐骨棘(ざこつきょく)を結ぶ線より下降しているけれども、膣口までに達していない場合を子宮下垂、子宮腟部が腟口から下降しているけれども、子宮全体は腟外へ脱出していない場合を不全子宮脱といい、子宮全体が脱出している時は全子宮脱といいます。

子宮脱に悪化する前に上記の症状がみられたら、婦人科を受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る