子宮がん

一般的に子宮がんとよく言われていますが、子宮がんには2種類のがんがあります。

子宮頸がん
子宮体がん

「妊娠した回数が多いひとがなりやすい」のは子宮頚がんで、「妊娠したことがない方がなりやすい」のは子宮体がんとも言われています。

もともと日本人の女性の子宮がんは9割が「子宮頚がん」で、日本人女性の子宮がんといえば「子宮頚がん」というくらい、圧倒的に多かったのですが、最近では子宮体がんが増えているため、現在では7~8割くらいの割合になっているようです。

子宮頸がんと子宮体がんは場所と組織で違いがあり、子宮頚がんは発生にヒトパピローマウイルス(HPV)というイボをつくるウイルスの仲間が関係しているともいわれています。『早い時期に性交渉をはじめた』『性交渉の回数が多い』『出産数が多い』といったことで発生率が上がると言われています。

子宮体がんは50~60歳の方に多く発症し、エストロゲンにさらされている期間が長いほどキケンが高くなります。つまり、『妊娠・出産したことのない人』です。乳がんのリスクとダブります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る