子宮がん・卵巣がんを予防するための食生活

まず、喫煙は禁物です。どちらのがんに対してもリスクを高めます。

子宮がん、卵巣がんは食生活に影響されることはあまりないがんですが、リスクを下げる食べ物はあります。

野菜や果物をたくさん摂りましょう。

野菜や果物にはビタミンCやカロテノイドが豊富に含まれています。

ビタミンCは、細胞間に強力なコラーゲンの網をはりめぐらせて、がん細胞の増殖を阻止し、発がん物質で傷ついた遺伝子の修復をサポートします。

カロテノイドには強い抗酸化作用があり、細胞を酸化させる活性酵素を消去。

カロテノイドのうちトマトに多く含まれるリコピンは子宮頸がんのがん細胞の成長を抑制することがわかっています。

子宮がん、卵巣がんの予防には、まず禁煙、野菜や果物を充分に摂り、脂質の多い食事をさけて肥満を防ぐことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る