婦人科系の病気「乳がん」と「子宮がん」の検診のすすめ

婦人科の病気の中で代表的な「乳がん」と「子宮がん」のがん検診のすすめです。

日本の女性に急激に増えている乳がんと子宮がん。

婦人科検診とは別に「子宮がん検診」や「乳がん検診」はお住まいの市町村の指定の病院で受けることができます。

以前は50歳以上しか「乳がん検診」を受けられなかったのが、乳がんにかかる40代の女性も増えたために、2005年から40歳以上の女性がマンモグラフィ検査を含む検診が受けられるようになりました。

2年に1度、検診が受けられます。

同様に若年代に子宮頸がんが急増しているため、「子宮がん検診」も2004年から20代以上の女性が2年に1度受けられるようになりました。

検診料金は市町村により異なりますが、2年に1度受けられる検診は一部補助が受けられるのでそんなに高くありません。

しかし、明らかに症状があらわれている場合、例えば、「乳がんではないか?」と思うしこりなどがある場合は、検診ではなく、乳がんの受診をして下さい。

もちろん40歳にならなくても、不安な部分がある時は、乳腺外科や総合病院の外科を受診しましょう。

また「子宮がんでは?」と思うような不正出血や症状がみられる場合は、検診を待たずに婦人科を受診しましょう。

検診はあくまでも、症状があらわれなくてもがんを早期に発見するためのものです。症状があるから行くのではなく、定期的に受けるものです。

身体に異常がある時はすぐ婦人科を受診してくださいね。(乳がんの検査は乳腺外科を受診)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る