妊娠中毒症

妊娠中毒症の症状

1.手足、顔や腹部のむくみ
2.血圧が上がる
3.タンパク尿

妊娠中毒症とは?

妊娠後期にかかりやすい疾患で、悪化すると死亡に至る場合もありますが、早期発見、早期治療で最悪の事態は避けられます。

原因は特定されておらず、妊娠による母体への負担が合併症になって表れると考えられています。

妊娠中毒症の予防

自己判断が難しい血圧や尿を含めて、すべて定期健診でチェックしてもらえるので、決められた健診は必ず受けることが大切です。

また、妊娠全期を通 して塩分控えめな食事や規則正しい生活を心がけ、過労を避けて休養と睡眠を十分にとるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る