女性ホルモン剤【プレマリン】の副作用と発がんリスク

プレマリンは卵胞ホルモンを含むホルモン剤で、女性ホルモンの「卵胞ホルモン」を補うお薬です。

古くからある代表的な卵胞ホルモン薬(エストロゲン)で、いわゆる女性ホルモン補充療法(HRT)として広く用いられています。

子宮発育不全、無月経、月経不順、子宮不正出血、老人性腟炎などの卵巣機能不全による障害や、更年期障害の諸症状に処方され、骨粗鬆症の治療に応用されることもあります。

しかし、注意していただきたいのが、副作用です。

副作用で多いのは、乳房の張りや痛み、予定外の出血、吐き気や嘔吐などです。

これらは、2~3カ月して体が慣れてくればたいてい治る場合が多いようです。

重い副作用はまずありませんが、念のため注意が必要なのは「血栓症」です。

更にプレマリンを服用することによって、乳がん、子宮がん、卵巣がんを発症するリスクが高くなります。

おくすり辞典 プレマリン

お薬って効き目が高いものほど副作用が大きいって話も聞くので注意したいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る