女性の身体の基礎知識

女性の身体は、大きくわけると、「少女期」「思春期」「成熟期」「更年期」「老年期」 の5つにわけられます。

それぞれの年代によって、気にしなければいけない病気も変わってきます。

自分の年齢と照らしあわせて、身体の変化をチェックしておきましょう。

少女期  0~8歳

卵巣はその働きを休めているので、生殖機能はまだなく、体つきは男の子とあまり変わりません。

思春期  9~19歳

乳房がふくらみ、陰毛が生え始めます。

10~15歳ぐらいで初潮を迎えますが、初潮を迎えたとはいえ、すぐに安定した周期的な月経になるわけではありません。

2回目の月経が2~3ヶ月先だったり、半年後になどということはよくあることです。

18歳~20歳ぐらいで、ようやく安定した月経が来ますが、個人差によってかなり差があります。

18歳を過ぎても、初潮がない場合は、生殖器の異常や発育不全、性染色体の異常などが考えられるので、婦人科医の診察を受けましょう。

原発性無月経

成熟期(前期)  20歳~30歳

体力的、精神的に妊娠、出産にもっともふさわしい時期です。

卵巣の機能は、20代後半でピークに達し、30代に入ると徐々に衰えてきます。

しかし、現代のように働く女性が増え、生活の多様化などで出産年齢も高齢になっています。

成熟期(後期)  31歳~45歳

30代後半以降は成人病の発生率が高くなってきます。

子宮がん、乳がんなどの検診を受けた方が良いでしょう。

更年期(前期)  46歳~55歳

卵巣の機能は低下し始め、やがて閉経を迎えるまでです。

卵胞ホルモンの分泌も不十分になり、その為、他のホルモンとのバランスが崩れ、自律神経失調症が起こりやすくなってきます。

この時期に注意したいのは、何でもかんでも更年期障害と結びつけないことです。

がんをはじめとする生活習慣病の発生もこの時期がピークになっていますので、気になる症状があれば、必ず専門医に診てもらいましょう。

更年期(後期)  56歳~64歳

外見的にも老化が目立ってきます。

皮下脂肪の分泌が減少するため、肌にはりがなくなり、白髪が目立ってきます。

また、ホルモン分泌のアンバランスは、骨粗しょう症や動脈硬化症を 起こす原因にもなります。

老年期  65歳以降

卵巣、膣、陰核などが縮小します。

膣壁は薄く、弾力性を失い、膣自体も狭くなり接触出血を起こしやすくなります。

また膣の自浄作用も衰え、炎症を起こしやすくなります。骨が折れやすくなり、内蔵機能なども低下します。

大切はことは、自分の身体の変化に気づいてあげることです。

気になる症状が長く続くようなら、婦人科や専門医を受診しましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る