外陰部のかゆみの原因と対策

外陰部(外性器)は、恥丘(ちきゅう)、大陰唇(だいいんしん)、小陰唇(しょういんしん)、膣前庭(ちつぜんてい)、クリトリス、外尿道口(がいにょうどうこう)、膣口(ちつこう)、会陰部(えいいんぶ)などを含む部分をさしており、角質層も薄く複雑な形をしているためトラブルがおこりやすい部位です。

外陰部のかゆみの原因としては、何気ない日常の中でおこる、汗やムレによるもの、肌に触れる下着などの繊維が合わずにかぶれてしまっている場合などがあります。

特に生理の時などは、デリケートゾーンが敏感なのでむれやすくかゆみを感じる人も多いです。

また、ひどくかゆい場合などはカンジダなどの感染症も考えられます。かゆいからと言ってかきすぎると症状が悪化する場合もあります

悲しいかな、外陰部をかきすぎるとニオイや黒ズミの原因にもなるので注意が必要です。

さて、じゃあ、そのかゆみをどうすればいいのか?

外陰部のかゆみで「フェミニーナ軟膏」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

フェミニーナ軟膏のサイトにはナプキンや経血、おりものによるかゆみ・かぶれや、汗ムレ、ストッキングをはいているときのムズムズ感などを抑えてくれるクリームとなっています。

(ステロイド不使用で、外陰部のかゆみだけでなく、肌のかゆみ全般に効き目があって虫さされや湿疹、あせも、皮膚炎にも使えるのだそうです!)

*フェミニーナ軟膏は粘膜の部分である恥丘や大陰唇のかゆみには効き目がありません。

お近くに薬局のない方は楽天・あす楽でどうぞ→フェミニーナ軟膏

生理中の時にはフェミニーナミストがおすすめです。

また、はげしいかゆみや白いおりものがボロボロと出る場合は膣カンジタが考えられるのですが、これは通常のフェミニーナ軟膏では対処できないので、まずは婦人科で診てもらうことをおすすめします。

その他にもかゆみだけでなく、痛みを感じたり、おりものの悪臭やぼつぼつができたり潰瘍ができるといった症状があらわれた場合は(考えられる病気は膣炎などこちらを参考にしてください)しっかり婦人科で診てもらいましょう

かゆいからと言ってデリケートゾーンを洗いすぎるのは禁物です。使う石けんによってはデリケートゾーンの酸性を弱めてしまい、殺菌作用を弱くするので、デリケートゾーンを洗うときは専用のソープを使うのがおすすめです。

デリケートゾーンの専用ソープは製薬会社グループが作ったコラージュフルフル泡石鹸
がおすすめです。

あと、加齢による外陰部のかゆみもあります。特に更年期をむかえると、腟の潤いが減って、かゆみが出たり、腟炎になりやすくなったりします。

保湿効果の高いデリケートゾーン専用クリームでケアしてあげるといいでしょう。

イビサクリーム(黒ズミ対策クリームですが保湿効果が高いものです)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る