原発性無月経

原発性無月経の症状

日本人の月経スタートの平均は12~13歳といわれてます。

18歳になっても月経がない場合は異常と考えて、一度専門医に相談したほうがよいでしょう。

このように初経すらみられない症状を原発性無月経といいます。

原発性無月経の女性はおおよそ1,000人に1人の割合だと推定されています。

原発性無月経の原因

月経が起こるためには、脳の中枢、卵巣、子宮や膣など全てが形態的にも機能的の正常でないといけません。このうちの一箇所でも異常であれば月経は起こらないのです。原発性無月経では、これらのうちのどれかに決定的な異常が存在するのです。

原発性無月経の中には、まれですが性器の形態異常、たとえば子宮がなかったり、卵巣が生まれつきなくて、かわりに睾丸組織があったり、膣がないとか、処女膜が完全に閉鎖していて、月経血が外へ出ないで中にたまっているなど、さまざまな性器の異常が発見されることもあります。

また、外見は正常でも、口の粘膜細胞で染色体の構成を調べてみると、性染色体異常がみつかることもあります(ターナー症候群)。

原発性無月経の治療

無月経の原因により治療は異なります。下垂体腫瘍にはプロラクチンの分泌を抑制するブロモクリプチンを投与します。外科的手術によって切除することもあります。放射線治療は通常、薬物療法や外科的療法で改善しない場合にのみ行われます。

発育上の異常が原因で原発性無月経症である若い女性の場合には、ホルモンの投与、手術または両方が必要です。いずれにしても、本人と家族には心理的側面のサポートとカウンセリングを行って問題点を明らかにし、将来的に生殖器の発達がどうなるかなどガイダンスをする必要があります。無月経が治療不可能な原因による場合は、偏月経療法を検討します。これはからだの自然なサイクルでなくホルモン療法によって月経をおこします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る