卵巣腫瘍

排卵のたびに傷つき、修復をくり返している卵巣は、からだの中で最も腫瘍が発生しやすい臓器です。

問題はその腫瘍が良性か悪性かの鑑別です。

卵巣腫瘍は、大きく「嚢胞性腫瘍(のうほうせいしゅよう)」と「充実性腫瘍」の2つのタイプに分けられ、嚢胞性腫瘍は、卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)と呼ばれます。

一方の充実性腫瘍は、中に組織が詰まったコブのように硬い腫瘍です。良性型もありますが、80~90%は悪性の卵巣がん、あるいは良性と悪性の境界型です。

卵巣腫瘍は、内診や触診、超音波検査など、通常の婦人科検診で見つけることのできる病気です。発生部位や大きさ、内容物の種類など、超音波だけでもかなりの病態をつかむことができます。

判断が難しければ、採血して腫瘍マーカー(卵巣がんから生じる物質)を調べたり、さらにCTやMRIなどの画像検査を行って良性か悪性かをしぼり込んでいきます。

しかし、100%正確な診断をくだすには、最終的に腫瘍を摘出し、組織検査を行うしかありません。

卵巣腫瘍は自覚症状が出にくく、発見が遅れがちな病気です。

茎捻転や破裂を起こして、はじめて腫瘍が発見されるというケースも少なくありません。

30歳になったら、年に1回、婦人科検診を受けて、腫瘍の有無を確認していくと良いでしょう。

検査の結果、腫瘍が見つかり、すぐに手術の必要はないと判断された場合も、腫瘍の大きさの変化などを定期的にチェックしていくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る