切迫流産

切迫流産の症状

妊娠中に少量の子宮出血が断続的にみられる。

出血量は多いほうが流産の可能性が大きく、下腹部痛を伴うこともある。

切迫流産とは?

妊娠中に流産の症状が合併した状態を切迫流産と言います。

「流産になりかけている」という意味です。

赤ちゃんは子宮の中に生きていて、流産が進行していることではありません。

流産は妊娠初期の4~12週に起きやすく、特に妊娠11週ごろがもっとも発生する危険性が高いといわれています。

切迫流産は流産が起こりうる妊娠22週未満の時期に子宮出血がある場合などに使いますが、流産になる可能性が高くないこともあります。

切迫流産の治療

安静が第一です。

妊娠初期にはこれといった有効な薬がないのが現実です。

外出や運動、セックスは避け、生活最低限の行動までにとどめます。

出血が続く場合や症状が重い場合は薬を出されたり、入院することもあります。

切迫流産の症状がみられたら、すぐ婦人科を受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る