乳腺症

乳腺症の症状

乳房のしこり感とともに、緊満感、鈍痛、激痛、圧痛を認めます。

診察所見では、可動性の乳房のしこりが認められます。

乳腺症とは?

一般的な良性の乳腺の変化を乳腺症といいます。

乳腺異形成、乳腺炎<慢性嚢胞性乳腺炎>などの乳腺の変化を総称していいます。

この症状は、健康的な乳房でもよくみられ、変化として考えられています。

原因は明らかになっていませんが、女性ホルモン(エストロゲン)に関連すると考えられ、発生率は全女性の約60%とされています。

30歳から50歳の女性によくみられ、閉経後の女性ではまれな病気で、遺伝性や食事(動物性脂肪のとりすぎなど)にも影響されます。

乳腺症の治療

痛みなどの症状が強い場合、治療を行います。症状を軽減することがよくあるので、経口避妊薬を処方することがあります。

また、重症例の場合、得られる効果がデメリットを上回ると考えられれば、ダナゾール(ある種の合成アンドロゲン)を用いることがあります。

食事療法が症状を軽減し、続けられる場合には、効果が持続することが多いでしょう。

重症の場合には処方と治療が不可欠となります。

そうなる前に、やはり乳腺の自己健診での予防が重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る