乳房バジェット病

乳房バジェット病の症状

パジェット病は主に乳首に発生することが多く、乳首を中心に紅斑やびらんが生じ、次第に周囲に広がっていきます。乳首の形が崩れてくることもあります。

パジェット病を発症した皮膚は、赤くなってジクジクし、硬くなります。見た目は炎症を起こして赤い発疹が、つまり皮膚炎にかかったような症状もみられます。

乳房パジェット病とは?

乳房パジェット病は40~60代の女性に多くみられる乳がんの一種です。

乳房パジェット病は乳首にみられることが多いのですが、乳管の癌が乳首の皮膚に転移したものです。女性に限らず男性にもみられます。

乳房パジェット病の治療

乳房パジェット病では、早期の乳がんと同じ治療法が適応されます。

乳房全体を切除するケースと、病変部だけを切除して乳房を温存する方法があります。

進行がんになっている場合は、放射線療法が行われることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る