プチ更年期

プチ更年期の症状

20代や30代の女性が、まるで更年期障害のように月経周期が乱れたり、止まったりする

なんとなく顔がほてったり、疲れやすくなったりする

プチ更年期とは?

更年期障害とは、卵巣の機能が衰え、女性ホルモンの分泌が低下することによって起こる、様々な不快な症状をさします。

通常は50歳前後で閉経を迎えるため、その年代をはさむ45~55歳くらいの期間を更年期とよんでいます。

プチ更年期は20代や30代の女性でも更年期障害と同じような症状がみられるものです。

原因の多くは、女性ホルモンをつくる司令塔である視床下部や下垂体の機能異常によるもので、ストレスや過度なダイエットによってひきおこされるケースが多いです。

プチ更年期の治療

血液検査で調べてもらって、それでも異常が無ければ、生活習慣を見直したりして、身体の状態を整えてあげることが重要です。

規則正しい生活や、食事、ストレス解消、運動など生活習慣を見直しましょう。

もちろん過度なダイエットなどが原因である場合は即座にダイエットを中止して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る