バルトリン腺膿瘍

バルトリン腺膿瘍の症状

膣の入り口の一部が赤く球状に腫れ、熱感や痛みをともないます。

痛みは圧迫されると強くなり、腫れが大きくなると歩いたり座ったりするのが困難になることもあります。

急性期には発熱することも少なくありません。

細菌感染してバルトリン腺膿瘍になると、しこりは急速に増大し、発熱したり、激しい痛みが生じます。

バルトリン腺膿瘍とは?

バルトリン腺は、セックス時に潤滑油のはたらきをする粘液を分泌する器官です。その分泌液を排泄する開口部が、膣の入り口の左右にあります。

この開口部に細菌が感染し、化膿して赤く腫れた状態をバルトリン腺炎といいます。

原因菌の多くは大腸菌やブドウ球菌、連鎖球菌などの一般化膿菌ですが、淋菌によっても起こります。

バルトリン腺炎が起こると、開口部も詰まって、分泌液がスムーズに排泄できなくなります。

その結果、腺内に粘液がたまった嚢胞(のうほう)がつくられる場合もあります。

これをバルトリン腺嚢腫(のうしゅ)といい、放置すると徐々に大きくなって、小指の先ぐらいから鶏卵大のしこりになります。

嚢胞内で細菌が繁殖すると内部の液は膿(うみ)となり、皮膚も真っ赤に腫れ上がります。

この状態はバルトリン腺膿瘍(のうよう)と呼ばれます。

そのままにするといずれ嚢(ふくろ)は破れ、排膿が促されて一時的に治癒した状態になりますが、しばしば再発をくり返すケースが多く、早期にきちんと治療しておくことが大切です。

バルトリン腺膿瘍の治療

効果的に治療するためには、検査によって炎症を起こした細菌を特定するのがよいのですが、検査の結果がでる前に抗生剤の投与をはじめてしまうほうが実際的です。

バルトリン腺炎の段階では、抗生剤の投与だけで症状がおさまることが多いのです。

バルトリン腺膿瘍を形成し、疼痛が強い場合には、局所麻酔をして、切開排膿する以外に治療法はありませんが、排膿しただけで疼痛は急に軽くなるものです。小さいものはそのままにしておいても差し支えありませんが、あまり大きいものや繰り返す場合は、摘出手術が必要です。

バルトリン腺膿瘍の予防

尿や便中の細菌から感染することも多いので、お尻は前から後ろに向かってふきます。

また、セックスの前に手や外陰部をきれいに洗い、膣内が十分に潤ってからペニスを挿入することも感染を防ぐポイントです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る