チョコレート嚢胞

チョコレート嚢胞の症状

・過多月経→貧血
・月経困難症→激しい下腹痛、腰痛
・卵巣が肥大を起こし周りの臓器を圧迫したり癒着を起こしたりします。
・不妊

チョコレート嚢胞とは?

子宮内膜症の1つです。チョコレート嚢胞は卵巣内に起こるもので、月経と同様の出血をおこし、血液が卵巣にたまって、嚢胞となったものです。

たまって古くなった血液がチョコレート状にみえることからこの名前がついています。

チョコレート嚢胞の原因

病気になる原因としては、免疫が深く関係していると考えられます。

①食べ物が脂っこいもの、高たんぱく、野菜不足 → これらの食事は血液をどろどろにします。

②睡眠不足 夜中まで起きている生活 →  免疫の生まれ変わりは10時~2時の4時間が多いと言われています。その時間帯に起きていると免疫が下がると思われます。

③冷えている。冷えの部分は免疫が上がりにくい → これらの病気を抱える方のほとんどが冷えを感じています。生理前におなかが冷たくなる、下痢をする、靴下をはかないと眠れない、などです。

④ストレスがある →  ストレスは免疫を下げます。精神的な負担を抱えている人。くよくよして落ち込みやすかったり、責任感があって頑張りやさん。幼い時に厳しく育てられて緊張感が常にある。などです。

⑤甘いもの・おせんべい、御餅類などが大好き → 炎症体質にします。

チョコレート嚢腫の治療

①ホルモン療法ホルモン療法で治療を行って効果がない場合には手術療法を行います。

②手術療法(卵巣を取り除く場合と温存療法、嚢腫核出術などがあります。)

5センチ以上になられている場合、現代医学的に手術とういう基準があります。

卵巣が腫れている場合は お医者様に必ず定期的にチェックに行く事。

何箇所か病院で検査をして、何名かの医師から手術を勧められた場合は手術して、二度とならないように養生のために漢方を服用する。といった方法が良いようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る