クラミジア感染症

クラミジア感染症の症状

きわめて症状が軽く、感染症例の5人に1人しか症状が出ません。

たとえ症状が出ても、わずかに帯下(おりもの)があったり、不正子宮出血や下腹部痛が出る程度で、医師でも気を付けないと見落とすような、感染をそれと自覚出来ないことがほとんどなのです。

クラミジア感染症とは?

性交渉による感染症でクラミジア菌により発症します。潜伏期間は3日~1週間程度。

とにかく、症状が少なく軽いため、よく性器の風邪ひきなどといって軽く見て感染をさして問題視しない医師さえいる程ですが、 実はかなり深刻な問題をおこしてくるのです。

放置されている間に、関係した男性パートナーヘの感染源となるのは当然のことですが、感染は本人の気づかないうちに子宮頸管内を通過して卵管に入り、さらに骨盤内に大きくひろがって、骨盤内感染症をおこします。そのために卵管がつまり、卵の通りが悪くなり、かなりの人が、数年のうちに、治り難い卵管の通過障害による不妊症となってしまいます。

また、たとえ妊娠しても子宮外妊娠となることもあります。また、感染がさらに腹腔を上行して肝臓の周囲に炎症をおこして、“右の上部脇腹に強い痛み” を覚え、救急病院へ駆け込む女性も時々みられます。

さらに、たとえ妊娠したとしても、流産・早産をおこすこともあり、ことに切迫流産のため、低体重児が生まれることが多いことが注目されています。

幸い無事出産したとしても、母子感染をおこして、新生児が眼瞼結膜炎や中耳炎をおこしたり、また“重篤な新生児肺炎”になり、空セキがつづきミルクを飲まない元気のない赤ちゃんとなり、亡くなることもあります。そのような、母から子供への母子感染という、次世代にも影響を及ぽす大きな問題をかかえることにもなります。

また、母親本人が、出産後に産褥熱で悩まされることが少なくありません。

このように、クラミジア感染はあまり目立たない形でありながら、かなり女性の性の健康を犯す、大変重大な問題をかかえ込むような感染、と言って過言ではありません。

クラミジア感染症、のどへの感染

オーラルセックスなどにより咽頭(のど)のクラミジア感染が増加しています。

女性が男性に対してフェラチオした場合、
(1)男性の性器から女性の咽頭に感染する可能性と
(2)女性の咽頭から男性の性器に感染する可能性があり、咽頭炎などをおこします。

慢性の扁桃腺炎になることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る